プロジェクト紹介

概要

このプロジェクトは,第二言語としての日本語教育の教師支援と中上級以上のレベルの学習者の自律支援などを目的として,文法項目(1848項目)の難易度,意味用法,典型例,話し言葉と書き言葉の複数のコーパスから抽出した用例を示すものです。

研究の進捗

  1. 2010年4月 コーパスを選定,文法表作成開始
  2. 2012年3月 主観判定による6段階レベル分け
  3. 2012年4月 学習項目解析システム公開
  4. 2015年3月 機能語用例データベース「はごろも」ver1.0を公開
  5. 2015年5月 機能語用例データベース「はごろも」ver1.1を公開
  6. 2016年10月 機能語用例データベース「はごろも」ver1.3を公開(ダウンロード) 
  7. 2018年5月 機能語用例データベース「はごろも」ver2を公開(ダウンロード) 

文法項目の選定と難易度レベル

文法項目は,下記の5件の資料を参考にしました。

  1. グループジャマシイ(1998) 『教師と学習者のための日本語文型辞典』くろしお出版
  2. 国際交流基金・日本国際教育協会(2002)『日本語能力試験出題基準【改訂版】』
  3. 国立国語研究所(1951)『現代語の助詞・助動詞−用法と実例−』国立国語研究所
  4. 国立国語研究所(2001)『現代語複合辞用例集』国立国語研究所
  5. 森田良行・松木正恵(1989)『日本語表現文型』アルク
  このうち,2.と4.はすべて網羅しています。

難易度レベル

(1)書き言葉

  1. 「日英新聞記事対応付けデータ (JENAAD)」
  2. 「ブログデータ(京都大学・NTTによる)」京都大学情報学研究科--NTTコミュニケーション科学基礎研究所 共同研究ユニットによる 
  3. 「白書」
  4. 「CASTEL/J CD-ROM V1.5 」日本語教育支援システム研究会 

(2)話し言葉

  1. 「日本語会話データベース」平成8‐10年度文部省科学研究費補助特定領域研究「人文科学とコンピュータ」公募研究(「日本語会話データベースの構築と談話分析」 研究代表者 上村隆一)の成果による
  2. 「宇都宮大学 パラ言語情報研究向け音声対話データベース (UUDB)」
  3. 「名大会話コーパス」科学研究費基盤研究(B)(2)「日本語学習辞書編纂に向けた電子化コーパス利用によるコロケーション研究」(平成13年度〜15年度、研究代表者:大曾美惠子)
  4. 「BTSによる多言語話し言葉日本語会話1」宇佐美まゆみ監修(2005)『BTSによる多言語話し言葉コーパス-日本語会話1』東京外国語大学大学院地域文化研究科21世紀COEプロジェクト「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」

助成

  1. 科学研究補助金 「科学研究費補助金基盤研究(C)「 日本語教育のためのコーパスに基づく文法項目データベース構築と検索システムの公開」課題番号:22520538,(平成22年度~平成24年度 代表:堀恵子)」
  2. 基盤研究 (A) 汎用的日本語学習辞書開発データベース構築とその基盤形成のための研究(平成24年度~平成26年度代表:砂川有里子,研究課題番号:23242026)のうち、平成25年度から平成26年度まで、分担者堀恵子
  3. 科学研究補助金「科学研究費補助金基盤研究(C)「日本語教師支援のための学習者コーパス文法項目データベースの構築と公開」(平成27年度~平成29年度 代表:堀恵子,研究課題番号:15K02654)

メンバー紹介

平成22年度から

堀恵子(東洋大学・筑波大学):統括,項目選定,意味用法,例文作成,用例抽出
江田すみれ(日本女子大学):項目選定,意味用法,例文作成,用例抽出
李在鎬(早稲田大学):解析,難易度付与,webツール開発

平成25年度から

砂川有里子(元筑波大学):アドバイザ

平成27年度から(五十音順)

内丸裕佳子(岡山大学)文法班
小西円(東京学芸大学)文法班
建石始(神戸女学院大学)文法班
中俣尚己(京都教育大学)文法班
山崎誠(国立国語研究所)文法班

実績

科研費報告書 「科学研究費補助金基盤研究(C)「 日本語教育のためのコーパスに基づく文法項目データベース構築と検索システムの公開」課題番号:22520538,(平成22年度~平成24年度 代表:堀恵子)」

これまでの発表

  1. 2010年7月 堀恵子・江田すみれ・李在鎬「日本語教育のためのコーパスに基づく文法項目データベース構築と検索システムの公開をめざして」ICJLE世界日本語教育大会台湾ポスター発表
  2. 2011年5月 堀恵子・江田すみれ「web公開予定文法用例検索システム『日本語文法項目用例文データベース』の文法項目選定について」日本語教育学会2011年度春季大会
    2011年9月 堀恵子「web公開予定文法用例検索システム『日本語文法項目用例文データベース』の概要と目指すもの」日本語学習辞書科研(代表:砂川有里子) 平成23年度第1回全体研究集会
  3. 2012年3月 堀恵子「文法項目検索システム「はごろも」の文法リスト作成」、江田すみれ「文法項目検索システム「はごろも」を使った応用研究」日本女子大学術交流・日本女子大学大学院文学研究科主催,「日本語文法項目用例文データベース『はごろも』」研究会共催シンポジウム「webでつながる日本語教育」
  4. 2012年6月 堀恵子「『日本語教育のためのコーパスに基づく文法項目データベース構築と検索システムの公開』について」日本語学習辞書科研(代表:砂川有里子)平成24年度第2回分担者会議
  5. 2012年8月 パネルセッション「webツールを通して世界とつながる日本語教育‐文法用例文検索システム「はごろも」と国内外での利用可能性‐」登壇者(堀恵子,江田すみれ,山田ボヒネック・頼子,毋育新)2012年日本語教育国際研究大会ICJLE名古屋
  6. 2012年8月 堀恵子・李在鎬・砂川有里子・今井新悟・江田すみれ「文法項目の主観判定による6段階レベルづけとその応用」2012年日本語教育国際研究大会ICJLE名古屋ポスター発表
  7. 2012年9月 堀恵子「文法項目データベース「はごろも」の海外における利用可能性をさぐる−口頭能力評価と読解教材分析から−」日本語学習辞書科研(代表:砂川有里子)平成24年度第1回全体研究集会
  8. 2013年3月 堀恵子・江田すみれ「web公開予定文法用例検索システム「日本語文法項目用例文データベース『はごろも』」のレベル付けと学習者コーパスの比較」『第3回コーパス日本語学ワークショップ』国立国語研究所
  9. 2013年3月 堀恵子・江田すみれ「口頭表現能力評価に対して文法研究が貢献できること」科学研究費助成事業合同成果発表会『言語能力評価の最前線-運用能力の評価を目指して―』於桜美林大学
  10. 2014年12月 堀恵子「学習者に必要な文法項目はなにか―「はごろも」文法表の用例収集作業から見えてきた項目―」堀恵子(東洋大学・筑波大学)日本女子大学学術交流・日本女子大学大学院文学研究科主催 日本語文法項目用例文データベース『はごろも』研究会共催「コーパス研究を踏まえた新しい日本語教育にむけて‐何を活かすか,どう活かすか‐」

開いたシンポジウム

2014年12月公開シンポジウム「コーパス研究を踏まえた新しい日本語教育にむけてー何を活かすか,どう活かすかー」

日本女子大学学術交流・日本女子大学大学院文学研究科主催
日本語文法項目用例文データベース『はごろも』研究会共催

発表:
  1. 「「つもり(だ)」をめぐって―意志表現の指導の観点から―」高梨信乃 (神戸大学)
  2. 「「ようになる」と「てくる」―学習者の誤用を減らすために―」江田すみれ(日本女子大学)
  3. 「コーパス研究を教育現場に活かすための課題―日本語の受身を例として―」増田真理子(東京大学)
  4. 「学習者に必要な文法項目はなにか―「はごろも」文法表の用例収集作業から見えてきた項目―」堀恵子(東洋大学・筑波大学)

2013年12月 公開シンポジウム「談話研究から文法教育へ」

日本語文法項目用例文データベース『はごろも』研究会
堀恵子(東洋大学・筑波大学留学生センター) 江田すみれ(日本女子大学文学部)   
科研費基盤研究(A)「 汎用的日本語学習辞書開発データベース構築とその基盤形成のため の研究」(研究代表者:砂川有里子 筑波大学人文社会系)

発表:
  1. 「談話研究からみた話し方教育への示唆― 学習者はディスコースマーカーをどのように身につけるのか―」石黒圭(一橋大学)
  2. 「誤用分析からみた作文指導への示唆」仁科喜久子(東京工業大学名誉教授) 
  3. 指定討論者: 砂川有里子(筑波大学人文社会系教授)

2013年2月 公開シンポジウム「習った表現・見落としている表現を見直す−文法、対照研究、語用論、習得の視点から−」

日本女子大学学術交流企画・日本女子大学大学院文学研究科主催
日本語文法項目用例文データベース『はごろも』研究会共催
発表:
「「ていた」の用法-「ている」の知識を応用するだけでは十分でない「ていた」の使い方について-」江田 すみれ(日本女子大学)
「配慮表現として用いられる初級文法項目の運用と習得」牧原 功(群馬大学)
「順接と逆接の境界-テモ節に外国語の順接表現が使用される場合を例に-」蓮沼昭子(創価大学)
「条件形式を含む前置き表現の習得について-学習者と母語話者のコーパス調査から-」堀 恵子(東洋大学・筑波大学)

 

2012年3月シンポジウム「webでつながる日本語教育」

発表:
  1. 「ウェブ版『現代日本語書き言葉均衡コーパス』検索ツールの紹介」山崎誠(国立国語研究所)
  2. 「日本語学習者作文コーパスについて」李在鎬(筑波大学)
  3. 「『リーディング・チュウ太』を用いた教材作成」川村よし子(東京国際大学)
  4. 「日本語学習辞書科研の紹介と経過報告」砂川有里子(筑波大学)
  5. 「文法項目検索システム「はごろも」の文法リスト作成」堀恵子(東洋大学・筑波大学)
  6. 「文法項目検索システム「はごろも」を使った応用研究」江田すみれ(日本女子大学)

問い合わせ

(c) 科研グループ「はごろも」プロジェクト | 最終更新日: 2015年8月19日